遺産相続トラブルが解決しないときは?

遺産相続問題でトラブルになるケースも非常に多くあります。遺産相続で揉めてしまうと、分配のことでなかなか解決せずに、かなりの時間がかかってしまうのです。

特に不動産は、遺産相続でトラブルになるケースが珍しくありません。そこで、遺産相続トラブルが解決しないときはどうすれば良いのかを、ここでは解説していきます。

どのような遺産相続トラブルが起こる?

遺産相続トラブルで多いのが、預貯金や土地や建物などの不動産の分配です。遺言書に細かく記載されていれば別ですが、不動産の場合は預貯金と違って、分配することが非常に難しいのが特徴になります。

そのために、遺産相続トラブルで不動産はとても多いのです。もし、不動産を1人だけしか相続しないとなると、その他の相続人との間で不公平が生まれてしまいます。

その結果、争いが起きてしまうのです。

不動産の場合、部屋ごとにうまく分けるということは難しいため、遺産相続トラブルが起こりやすいのです。預貯金と違って分配方法が難しいので、解決するのが簡単ではないのが不動産の相続となります。

遺産相続では予想外の人物が現れるケースも

遺産相続では、予想外の人物がいきなり現れるというケースも少なからずあります。例えば、亡くなられた方と前妻との間に隠し子がいたという場合です。

これにより、これまで存在を知らなかった人物が、遺産相続で突如として現れることが考えられます。法律上は、前妻との間に生まれた子供にも遺産相続の権利があり、相続分を主張できるのです。

ただし、隠し子のことをしっかりと認知している必要があります。認知していれば、法定相続人として扱われます。

隠し子がいた場合、遺産相続でトラブルになることが非常に多いため、遺産分割、割合でトラブルになりがちです。

そのため、話が平行線をたどって、なかなか問題を解決することができません。こうなると、当事者同士では解決に至るのが非常に困難であるために、第三者に頼ることになるのです。

遺産相続トラブルが解決しない場合は

遺産相続トラブルが解決しない場合は、遺産相続問題に強い弁護士に依頼するのも方法となります。法律事務所を利用することで優秀な弁護士を紹介してもらえるため、遺産相続トラブルが解決しない場合、優秀な弁護士に任せてみてはいかがでしょうか。

相続トラブルを解決するために、これまでの事例から解決の糸口を探し、納得できる形を見つけられるかもしれません。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!