遺産相続でトラブルになりやすい?|不動産の相続には注意!

遺産相続とは

遺産相続とは亡くなった人が遺した財産を相続人が引き継ぐことです。

ここでポイントなのが「財産」と「相続人」という言葉です。

「財産」とは預貯金などの現金だけでなく、株式や投資信託、土地などの不動産が含まれます。

さらに、法律で法定相続人が定められており、亡くなった方の配偶者および子どもが第一優先で相続することができます。

遺産相続は亡くなった方が所有していた預貯金や不動産などを家族が引き継ぐというものです。

不動産の相続には注意が必要

遺産相続は大きなお金が動くことが少なくありません。

そのため、相続人の間でトラブルが多いのも事実です。特に不動産に関する相続には注意が必要です。

不動産は分けることができない

現金や株式などの場合、相続人は均等に財産を受け取ることが可能です。

たとえば、亡くなった方が1,000万円持っていた場合、それを人数分に分けるだけで法的に相続を行うことが可能です。

しかし、土地や住宅などの不動産の場合は物理的に均等に分けることが難しいため、トラブルになりやすいです。

たとえば、配偶者や子どもなど相続人が複数いる場合、土地の名義を誰にするかなどでトラブルになりがちです。

トラブルを回避する方法は?

それでは、不動産の相続でトラブルを回避する4つの方法を紹介していきます。

現物分割

現物分割とは文字通り、土地そのものを分筆する方法です。

相続する土地を1とした場合で相続人が2人いる場合は土地を0.5ずつに分筆して相続を行います。

しかし、土地の形状や立地によっては分筆することによって価値が下がってしまうことがあるため、注意が必要です。

換価分割

換価分割は不動産を一旦売却して現金に換金します。

そして、換金した現金を相続人で分割するという方法です。

この場合、現金を均等に分割するため、トラブルが起こりにくくなります。

代償分割

代償分割は土地を相続した人が、他の相続人に対して金銭を支払う方法です。

土地を分筆できない場合などに有効な分割方法です。

たとえば、相続人が2人いる場合、時価500万円の土地をAさんが相続したら、Aさんはもう一人の相続人Bさんに500万円の半分である250万円を金銭で支払うという方法です。

共有名義

そして、共有名義は土地を複数の相続人の名義にする方法です。

まとめ

遺産相続では特に不動産についてトラブルになりがちです。

不動産の分割は預貯金や株式などと異なり、相続人の間で均等に分割することが難しく、トラブルになることは珍しくありません。

しかし、トラブルを未然に防ぐためにも不動産の分割方法や共有名義といった方法をしっかりと理解しておくことが大切です。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!