自己破産の前にリースバックを検討すべき理由

コロナウィルス感染拡大などの影響を受け、解雇や雇用調整によって失業してしまった方々や個人事業主を中心として、自己破産を検討されるケースが増えています。

自己破産は借金苦から解放される最後の手段として有効である一方で、財産のすべてが失われてしまうというデメリットがあります。

特に自宅が無くなってしまうことには、日々の生活に多くのダメージが生じますので、自己破産を検討されるときにはリースバックを合わせて検討することが大切です。

自宅が無くなることによって生じる問題

自己破産は、借金の返済能力が無いことを裁判所に示して、すべての借金を帳消しにしてもらうという特別な措置です。

このため、自己所有の自宅をお持ちの方の場合には、当然のことながらご自宅も手放さなければなりません。

しかし、自己破産をすることによって、新たに家や部屋を借りることが困難になったり、自宅を引っ越すことで自己破産が周囲にバレてしまうなど、自宅を手放すことによって生じる問題は数多くあります。

自己破産の手続きと共に、引っ越しや各種住所変更の手続きを進めることも大きな負担となるでしょう。

リースバックなら自宅に住み続けられる

リースバックは、ご自宅を売却したうえで、そのままご自宅に住み続けられるという新しい仕組みです。

すでに売却してご自身の所有物では無くなったご自宅については、当然のことながら自己破産によって取り上げられることはありません。

自己破産をご検討中の方であっても、リースバックによって手元の資金が確保できれば、自己破産を免れることができるという方もいます。

つまり、多額の負債によって自己破産を考えている方にとっては、リースバックの仕組みを活用することによって、少なくともご自宅からの引っ越しを免れることができ、場合によっては自己破産さえしなくても良いという状況になります。

自己破産には戦略が必要です

自己破産をされることは法律に則った手続きですから、経済的な苦難を乗り越えるために、時には必要な手段です。

しかし、今の状況を打開したいと慌てて自己破産を選択してしまうと、その後の生活にも大きな影響が出るために、本当の意味での現状打開とはなりません。

リースバックなどの手法を活用することで、自己破産は戦略的に行うようにしてください。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!