空き家を放置すると危険!空き家を有効活用する手段とは?

空き家を相続することになり、使い道にお困りの方も多いのではないでしょうか?特に地方だと、空き家を相続しても売れないということも考えられます。

そこで、空き家を相続してお困りの方に空き家を有効活用する手段をご紹介していくため、お役立ていただければ幸いです。

全国各地に空き家はとても多い

実は、空き家というのは全国各地に数多く存在します。日本だけでも、空家数は800万戸を超えるほどで、総住宅数に対し、空家数は全体の13%以上もあるのです。

そのことから、日本各地で空き家が問題となっています。空き家が増えれば誰も管理しないということから、ゴミが散乱したり、周辺地域の治安悪化が懸念されるでしょう。

空き家が増えると、困ることが多いのです。

空き家を放置するデメリット

空き家を相続してもそこに住むことなく放置していると、いろいろなデメリットがあります。

空き家と言っても毎年固定資産税がかかってしまうため、決してタダではないのです。そのことから、空き家を放置してもデメリットしかありません。

そして、空き家を放置していると、不法投棄の原因となってしまい、物が散乱してしまう可能性が高いです。実際に、空き家がある場所では、不法投棄が増え物が散乱し、治安悪化を生んでいるのです。

また、空き家で管理する人がいなければ、異臭の原因にもなりますし、家が古くなると倒壊してしまう恐れもあり、周辺住民に危険を与えてしまうことも考えられます。

そうなれば、損害賠償請求をされてしまい、多額のお金を支払うことにもなりかねないのです。

空き家を有効活用する

空き家を相続することになったのであれば、放置するのではなく有効活用するのが良いでしょう。空き家にご自身が住むのも良いですが、誰かに貸し出ししたり、売却したりすることで、利益を得ることができます。

セカンドハウスの需要が高まっていることから、空き家をセカンドハウスとして売り出すことも可能です。

また、空き家を改修してシェアハウスとして提供することもできるため、さまざまな使い道があるでしょう。

その他にも、民泊として提供する方法もあるなど、空き家を有効活用することで、あなたにとっていろいろなメリットがあるのです。

まとめ

空き家を放置しているとデメリットが多くあり、周辺住民にとっても危険です。そのことから、空き家を相続した場合、放置するのではなく、有効活用してビジネスにするのも良い手段となるでしょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!