空き家が増えると地域の不安も増える?深刻さを増す空き家問題

少子高齢化や人口減少の影響により、特に地方ではす住む人がいなくなってしまう空き家の増加が大きな問題となってきております。

空き家とは、住む人がいない状態で、不動産会社などの管理会社が定期的にメンテナンスなどを行わない状態で何年も放置されている戸建て住宅のことを言います。

地方の交通の便が悪い地域など、住んでいた人が亡くなる場合や引っ越しのために住まなくなってしまったようなタイミングで空き家となる場合が多いです。

空き家が増えていくとどのような問題が起こるようになるのでしょうか?

空き家が増えるとどうなるのか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地方で空き家が増えるとそもそもどんな問題が発生すると考えれるのでしょうか?
空き家はだれも手入れをしない状態で長年放置されてしまいます。室内の通気をよくしないと、部屋中にカビの発生や建材の腐敗が進行してしまいます。
そうなった場合、地震などの災害が発生した場合、損壊しやすい家が多く、台風や土砂災害などの場合、空き家でなかった場合以上に被害が拡大してしまう可能性もあります。
また、誰もいない状態で放置されているため、ホームレスのような人が不法に住み着いてしまう可能性もあります。この場合、犯罪発生の危険性も上昇します。
空き家が増えると主に上記のような問題が発生することが考えれます。

政府も空き家対策の法律を制定

空き家率の増加については、政府も問題視しており、平成26年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立し、自治体から特定空き家として指定されてしまうと、空き家の所有者に行政指導などを行うことができるようになりました。
空き家の損壊がひどく、所有者が対策を取る気配がなければ行政代執行を行って空き家の解体などを行うことができるようになります。
行政代執行となると、解体の費用等は所有者に請求される形となり、空き家をそのままにしてしまったがために多くの費用を支払う結果となってしまう可能性もあります。

空き家バンクなどを活用し、空き家そのままにしない

東京在住の方の中には、実家を相続し、親がいない等の理由で空き家となっている家を所有している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
空き家は、そのままにしておくと様々な弊害を生むことになります。そうした責任は住んではいなくても現在の所有者に来ることになります。
空き家バンクを利用し、住んでもらう人を探すなど、空き家を空き家のままにしない対策をとるようにしましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!