生活が苦しい場合は生活保護を受けるのも手段

著しく生活水準が下がってしまうと、普通に生活していくことさえ難しくなります。そのため、生活保護を受ける人たちも非常に増えているのです。

日本国憲法にも定められているように、全国民が生活保護を申請する権利を有しているため、生活が苦しい状況の場合、生活保護を受けるのも解決策の手段となるでしょう。

生活保護の受給資格を満たすのは簡単ではない

ここ数年でますます生活保護を受ける人たちが増えていますが、実は生活保護の受給資格を満たすのは、決して簡単なことではありません。

そのことから、ニュースでも生活保護のことで揉めて、市職員とトラブルになったというケースや、不正受給をして捕まった人のニュースも頻繁に見受けられます。生活保護を受給するには、一定の条件をクリアする必要性があるのです。

受給資格を満たさなければ、生活保護を受けることができません。日常生活を快適に送ることが困難な方の場合、まずは、ご自身が条件を満たしているのかを知ることが大切です。

生活保護の受給資格を満たす条件は?

生活保護を受けるためには、下記の条件を満たす必要があります。

1.事情があって働けない

重い障害や病気などで働けず、収入を得られない人が当てはまります。また、シングルマザーなどで外に働きに行けないという方も同様です。

2.家、車、財産を有していない

家や車、貯蓄などの財産がない人が当てはまります。これらがある場合、受給資格を満たせないケースが多いでしょう。ただし、やむを得ない状況の方だと、車の所有は認められる可能性があります。

3.親や兄弟、親戚等から援助を受けることができない

親や兄弟、親戚などから援助してもらうように促されるため、よほどの事情がない限り、生活保護を受けられないのです。縁をすでに切っていたり、死別していたりしない限りは、家族、親戚を頼るように勧めらます。

4.他に支援を受けていない

国や自治体からすでに何かしらの援助を受けている場合、生活保護は不要と判断されてしまうため、他に援助を受けていないことが条件となります。

これらの条件を満たしていれば、生活保護の受給資格があるのです。しかし、逆に言えば、これらを満たしていなければ生活保護を受けることができません。

頼るあてがない場合は生活保護の申請

家族と絶縁している方、または、家族がいない方であれば、頼るあてがないでしょう。その場合、生活保護の申請をするのも方法です。

受給条件は厳しいですが、それでも憲法で認められている権利ですし、生活保護を受給することで、最低限の生活が保障されます。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!