毎月の借金の返済がきつい!そんな時はまず専門機関に相談しましょう

毎月の借金がきつい!
自分で借りたものだし、誰にも返済に関して相談ができない。
借金の理由などにもよりますが、誰にも相談できずに毎月多額の借金の返済やローンの返済などを行っている人も多いのではないでしょうか?
いつから返済を行っているかにもよりますが、もしかしたら、借金の金利を多く払いすぎているかもしれません。
その判断基準について解説します。

過去に大問題となったグレーゾーン金利

新聞やニュースで「グレーゾーン金利」という言葉を聞いたことがある方も多いのではと思います。
過去には100%を超える元金以上の金利を支払う闇金などもありましたが、多くはクレジットカードのリボ払いやカードローンなどで2000年代まで適用された年利29.2%のことをグレーゾーン金利といいます。
現在、年利20%を超える金利での貸し付けは出資法や貸金業法により禁止されています。
しかし、2010年の法改正以前は、出資法や貸金業法や利息制限法などそれぞれの法律においての上限利息がばらばらだったため、法の穴をつくような感じで、各社が年利29.2%という金利を設定していました。
これが裁判で違法となり、過去に返済が完了した借金も含めて年利20%以上の借金の金利は債務者に返却するということとなったため、現在でも多くの弁護士法人などで、こうした手続きを行っているということになります。

多重債務による返済の一本化も

様々な金融機関から借金をしてしまい、現在どの程度借金があるのかわからなくなってしまった、というようなこともあります。
こうした場合はまず、弁護士法人などに相談し、現在の借金の実態を知るということが重要です。
その後で、実際に返済が可能な額の借金なのかどうかということを考えて、自己破産や借金の一本化などの手続きを行い、月々の返済額をきちんと把握するということが重要となります。

借金やローンは時には必要。その内容を把握して

事業の拡大や急な生活費の増加など、様々な理由で借金やローンを利用することがあると思います。
借金やローンというと、イメージが悪いと考える人もいるかもしれませんが、現在の生活を続けるために利用するというのは間違ってはいません。
大きな支払いがあった場合どうしても支払えずに借金をして毎月無理なく返していくというのは人生の中で出てくるというのは問題のあることではありません。
問題はその程度の問題です。多くのお金を使えると勘違いしてしまうと借金は一気に膨れ上がります。
事業が思うようにいかないなど様々な理由があると思いますが、その都度借金は返済が可能か常に考えていくようにしましょう。
それでもどうしても借金が返せないという場合には様々なセーフティーネットがあります。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!