定年退職後にお金が足りない! 持ち家を売却して住み続けるリースバックで解決!

住宅ローンの支払いが終わった不動産に住み続けていて、もうこのままずっとこの家に住み続けたいと思っている人もいるのではないでしょうか?
しかし、まとまったお金が必要となり、家を売らないといけないような状況になってしまうこともあるかもしれません。
そんなときには、家を売ってまとまったお金を手に入れて、さらに今の家に住み続けるというリースパックという方法があります。

住宅ローンの完済は定年退職後!

住宅ローンが完済した後となると、多くの人は定年退職後という場合が多いです。
定年退職をした後に仕事を探すとなると、なかなか給料のいい仕事が見つからないということがよくあります。
そんな時に、まとまったお金が必要となった場合、非常に困惑してしまいます。退職金で賄いきれれば問題ないのですが、それ以上となった場合はどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。
そんな時には、ずっと住宅ローンを支払い続けた持ち家が威力を発揮します。
住宅ローンの残債がないというのも大きな強みとなります。

家を売って、売買代金を手にして、住み続けられる??

家を売ったら新しいところに引っ越さないといけないと思っている人も多いでしょう。
家を売って、売ったお金を手に入れてさらに住み続けることができるという都合のいい話があるのでしょうか?
実際にはリースバックという方式で行う正規の不動産契約で存在します。
このリースバックは、家を不動産管理会社に売却をして、それと同時にその不動産管理会社と現在の持ち家の賃貸契約を結ぶということになります。
そのため、住宅ローンを完済した人は、月々の返済がなくなっていたのですが、家賃という形で再度家に対する支払いを行う必要が出てきます。
しかし、一時的に売買代金が入るため、まとまったお金が必要で、今の家に住み続けたいという人に極めて有効な手段となります。
住宅ローンの残債が残っている人でリースバックを行うと、売買代金の中から住宅ローンの一括返済を行う必要がありますが、完済している人はそういった必要は全くなく、お金を多く得る事ができます。

定年退職後にお金に困ったら、リースバック

定年退職後は60歳以上で場合によっては70歳以上となる場合もあります。
そんな状況下では、家を売って新しいところに住むというのが体力的に難しいことも考えられます。
現在の生活を継続しながら、お金に困った場合はリースバックという手段で現金を得るという方法もあるということを覚えておきましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!