固定資産税の支払いが大変!そんなときにすべきことは?

不動産を所有する方ならば、毎年やってくるのが固定資産税の支払いです。固定資産税は、戸建て住宅や賃貸マンション、土地などの不動産を所有している間は支払い続けなければいけないため、その支払いが大変という方も少なくないでしょう。

ここでは、固定資産税の支払いが大変だという方に、どう対処すべきかをご紹介します。

固定資産税って?

固定資産税とは、戸建て住宅や賃貸マンション、土地などを所有している方すべてに毎年1月1日時点で発生する税金です。不動産を所有している間は、固定資産税を永久的に支払い続ける必要があります。

そのことから、固定資産税の支払いが難しいという方々も多くいるのです。基本的に固定資産税の支払いは、年4回に分けて支払う場合が多いです。地域によっては一括で支払うことも可能ですが、一括だと一度に支払う額が大きいために、かなりの負担となるでしょう。

固定資産税が高くて苦しい状況の方でしたら、不動産の売却も考えなければいけなくなります。できれば、固定資産税を安く抑えたいとお考えの人も多いのではないでしょうか。

固定資産税を抑えるには?

当然ですが、固定資産税をちょっとでも安く抑えることができれば助かります。できれば、固定資産税を安くしたいですし、安くなれば支払いも楽になるはずです。

固定資産税を安く抑えるためには、以下の方法があります。

・減税措置を活用する

不動産によっては、減税措置が活用できる場合があるのです。

小規模住宅用地だと、200平米以下の部分ならば、課税標準が1/6となり、200平米超の部分ならば、課税標準が1/3となる減税措置を受けることができます。

減税措置の申請をすることで、固定資産税が今後安くなる可能性があるでしょう。

・家屋調査時に調査員と話し合いをする

固定資産税の金額は不動産の評価額が影響するのですが、家屋調査の際にその評価額が決定します。ですので、家屋調査時に調査員としっかりと話し合いをすることで、ご自身の意見を言うことができます。

評価額が予想外に高い場合は、再審査の申し出をします。もし評価額が下がれば、固定資産税を安くすることが期待できます。

固定資産税のことで悩んだときは

固定資産税のことでお悩みの場合、固定資産税を少しでも安く抑えられるように、上記で挙げたことを試してみてはいかがでしょうか。

固定資産税の支払いは大変ですし、不動産を所有する限りは支払い義務があるため、ちょっとでも支払い金額を安くできるようにしてください。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!