借金の返済が厳しいときは自己破産も視野に入れる

今現在、借金の返済で生活するのが厳しいという方も多いでしょう。その場合、自己破産をするというのも選択肢の1つとなります。

ここでは、自己破産することのメリットとデメリットについて解説していくため、借金返済でお悩みの場合、ぜひ、参考にしてみてください。

自己破産も有効な手段

借金の返済で、日々の生活がとても大変という方も決して少なくありません。そのような方の場合、自己破産をするというのも有効な手段となるのです。

もちろん、自己破産をそう気軽にすることはできませんし、自己破産したことで苦労することもあるでしょう。それでも、あなたが借金の返済にお困りの場合、自己破産をするのも決して悪い選択ではありません。

どうしても借金が減らないという際は、自己破産を考えてみるのも手となります。

自己破産のメリット

自己破産のメリットとして、以下の点が挙げられます。

・借金の支払い義務が免除される

・債権者から取り立てされなくなる

・財産の一部は残しておくことができる

これらのメリットがあるのです。自己破産することで、債権者から取り立てされることがなくなりあなたの借金が全額免除されることから、この先借金を返済する義務がなくなります。

そのため、借金の返済でお悩みの場合、自己破産はとてもありがたい制度と言えます。また、財産の一部はあなたの手元に残しておけるために、自己破産してもすべてを失うわけではありません。

生活に最低必要な家具や家電であったり、20万円未満の貯金であったりと、一部を残しておけるのが自己破産のメリットです。

自己破産のデメリット

自己破産にはメリットだけでなく、デメリットもあります。自己破産のデメリットは、以下になります。

・信用機関情報に載る(ブラックリスト)

・20万円以上の財産は手放さなければならない

・借金の内容によっては自己破産できないこともある

これらが、自己破産のデメリットです。自己破産すると、信用機関情報に載るため、一定期間借入ができなくなります。5年~10年ほどお金の借入ができないことから、注意が必要です。

さらに、20万円以上の財産は持つことができないため、自己破産すると車や家など高額の財産を手放さなければなりません。これらのことをしっかりと考えて自己破産を行う必要があります。

それと注意したいのは、自己破産は借金の内容によってはできない可能性があることです。ギャンブルなど自身の欲による浪費の場合は自己破産できない可能性が高いため、そこは知っておいてください。

まずは法律のプロに相談を

借金の返済でお困りであれば、まずは法律のプロに相談するのがおすすめです。数多くの法律相談所が存在するため、無料相談に行くのも手となります。

借金がどうしても減らず生活が苦しい場合、自己破産を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!