住宅ローンの返済が難しい場合どうするのがベスト?

夢のマイホームを持ったものの、数年後、数十年後に住宅ローンの返済でお困りの方々も多くいます。その場合、どうするのがベストなのか知りたいという人もたくさんいるのではないでしょうか?

住宅ローンの返済が滞り気味、住宅ローンを支払うのが難しいという方に最後までお読みいただけると幸いです。

住宅ローンの返済が難しい場合

突然会社をリストラされ、住宅ローンの返済が難しくなった方、不況の影響で会社が倒産したという方もいらっしゃるでしょう。そうなると、住宅ローンの返済を今後続けていくのがとても大変です。

それでも、せっかく持てたマイホームを手放すのは惜しいという思いもあるでしょう。しかし、住宅ローンの返済がまだ残っているならば、非常に厳しい状況と言えます。

そこで、自宅売却も考えなければいけなくなります。

自宅売却をして買い手が見つかれば、住宅ローンの返済はストップします。ただ、その場合は別の場所に引っ越しをすることになるので、いろいろな手間がかかるのです。

住宅ローンの返済は厳しくても、マイホームを手放すのは嫌という方は少なくないでしょう。そのような方には、リースバックという方法があります。

リースバックの魅力とは?

自宅売却を考えていらっしゃる方であれば、リースバックをするのも非常に有効な方法です。通常、自宅を売却するとなると、もう同じ家では住むことができません。

しかしながら、リースバックならば、所有権はなくなるものの、家賃さえ支払えば同じ家で住み続けられるのが魅力です。さらに、リースバックだと将来家を買い戻すことも可能なため、資産に余裕ができれば、買い戻すことも十分にできるでしょう。

もし、住宅ローンの残額があと少しという方でしたら、リースバックを行うのも決して悪くはありません。リースバックを行うことで不動産会社から買取代金を支払ってもらえるので、まとまったお金が入るのがリースバックの魅力です。

リースバックのメリットとデメリットを理解しておくことが大切

自宅売却をお考えの方にとって、リースバックはとても魅力的な方法になります。それでも、リースバックのメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

リースバックを行うことで不動産の所有権を放棄するため、自分の家ではなくなるのです。売却によって一時的にお金は得られますが、今後は家賃を支払っていくことになるので、そこもよく理解しておきましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!