今すぐ生活保護を受けたい人が知っておくべき基礎知識

今すぐ生活保護を受けたい人は、生活保護とは何か、どれぐらいの額を受け取れるのか、どのような条件を満たす必要があるのかを確認しましょう。条件を満たしていることを確認できたら、すぐに役所へ申請することが大切です。ここでは、今すぐ生活保護を受けたい人が知っておくべき基礎知識をご紹介します。

生活保護とは

生活保護とは、日本国憲法第25条における「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を行使するために国が定めた制度です。収入が「健康で文化的な最低限度の生活」に必要な額に満たない場合、その不足分を受け取れます。

生活保護とは、日本国憲法第25条における「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を行使するために国が定めた制度です。収入が「健康で文化的な最低限度の生活」に必要な額に満たない場合、その不足分を受け取れます。

生活保護で受け取れる金額

生活保護費は、住所地や世帯人数などで異なります。例えば最低生活費が13万円の場合において、収入が0円の場合は13万円をそのまま受け取れます。

ただし、収入がある場合は、最低生活費との差額分しか受け取れません。例えば、収入が5万円なら、13万円との差額の8万円を受け取れます。

最低生活費は、下記8つの扶助に基づいて計算されます。

生活扶助日常生活を営むために必要なお金
住宅扶助住居に必要な家賃
教育扶助義務教育のために必要なお金
医療扶助医療サービスを受けるために必要なお金
介護扶助介護サービスを受けるために必要なお金
出産扶助出産にかかるお金
生業扶助就職に必要な技能の習得にかかるお金
葬祭扶助葬式にかかるお金

生活保護を受けるための条件

生活保護を受けるために満たす必要がある条件は次のとおりです。

・財産を所有していない

・事情があり働けない

・公的融資や公的制度を利用していない

・親や兄弟などから援助を受けられない

・世帯収入が最低生活費よりも少ない

これらの条件を全て満たしていれば、生活保護を受けられる可能性があります。生活保護の不正受給が問題となっており、ジャッジが厳しい場合があるので注意が必要です。

もし、生活保護の申請に通らなかった場合は、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

法テラスを利用すれば、相談費用や依頼費用を立て替えてもらえる可能性があります。

まとめ

生活保護を今すぐ利用したい方は、今回ご紹介した金額や諸条件をチェックしてみてください。基礎知識を身につけた上で申請すれば、手続きの不備も起こりにくくなります。生活保護は全ての国民が受ける権利を持つので、条件を満たしている場合は遠慮せずに申請しましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!