不動産は家族信託を活用するのがおすすめ?家族信託を解説

これから不動産投資を始めようと考えているなら、是非ともおすすめしたいのが家族信託です。

家族信託は将来的に不動産を子世代、孫世代に承継したいと思っている人や自分の代で築いた不動産の手放したくないという人におすすめです。

それでは、不動産における家族信託についてご説明しましょう。

家族信託とは?

家族信託とは財産を管理する方法の一つです。最初に財産となる不動産を所有している人が病気や認知症などになって管理できなくない場合、本来であれば手放すしかありません。

しかし、家族信託を行っておくことで信頼できる家族に不動産を託せるのが最大の特徴です。託された人は所有者の代わりに不動産を管理したり処分したりすることができます。

信頼できる家族なら安心して不動産を任せることができますし、託された方もスムーズに財産管理ができるでしょう。

家族信託のメリット

家族信託には様々なメリットがあります。これから家族信託を行うにあたって、どんなメリットがあるのか知っておくことが大切です。

それでは、家族信託のメリットについてご説明しましょう。

自分に万が一のことが起きた時の保険になる

家族信託は自分のみに万が一のことが起きたとしても、あらかじめ家族信託を行っておくことで保険になるのが大きなメリットです。

病気や認知症になったとしても、家族信託で受託者を決めておけばいつでも管理や処分が任せられます。

長い投資生活で自分が病気一つしないとは誰にも分からないので、万が一の時に備えておくと安心できるでしょう。

不動産の共有問題が発生しない

不動産が共有相続になっている場合、相続人全員の同意がなければ不動産を相続することも処分することもできません。

下手をすれば相続人全員の同意がいつまで経っても得られず、何もできない状況が続いてしまうでしょう。

しかし、家族信託であれば受託者を決めておくことで、受託者一人に管理・処分の権利が与えられます。これなら相続人全員の同意がなくても管理や処分ができます。

不動産の管理は家族信託を活用しよう

不動産投資を行っており、信頼できる家族がいるのであれば家族信託を行うのがおすすめです。

自分に万が一のことがあっても安心して任せられるので、自分が築いた不動産を無駄にしないためにも、信頼できる家族に任せることで管理を継続したり、そのまま処分してもらったりすることができます。

興味がある人は、是非とも家族信託を行ってみてはいかがでしょうか。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!