不動産の遺産相続トラブルに注意!どんな相続トラブルが起こるのか解説

不動産相続に関するトラブルは年々増加しているのをご存知でしょうか?

「親の介護をずっとしてきたのは自分だ」「自分にも遺産を相続する権利がある」などと遺産を巡る相続トラブルは後を絶ちません。

それでは、どんな遺産相続トラブルが起こるのかご説明しましょう。

相続する人のトラブル

よくトラブルになりやすいのが、相続する人数が多いことによるトラブルです。

これは誰が相続するかを決めなければなりませんが、相続候補が多いほどそれぞれの主張があるのでトラブルに発展しやすくなります。

特に不動産の相続はどのように分割するのかで揉めやすいため、これを可能な限り抑えるためにも事前に遺言書を作成してもらうことが大切です。

遺言書で誰にどのように相続させるのかを記載しておけば、揉めにくくなるでしょう。

遺言書に問題があった時のトラブル

相続する人でトラブルが起きるのを防ぐためには、遺言書を作成しておくのがおすすめです。

しかし、その遺言書自体に効力がなければ、遺言書を作成してもただの紙切れになってしまいます。

遺言書の形式が無効になっていたり、遺留分を無視した内容であったり、特定の相続人を贔屓するように相続させようとしたりと、問題がある遺言書ではいけません。

遺言書を作成する時は、遺言書の適法性を確認したり、遺留分侵害額請求をしたりするといった対策があります。

事前にしっかりと効力を発揮するのか適法性を確認しておきましょう。

もしも遺産配分が明らかにおかしい内容であれば、遺留分侵害額請求を行いましょう。

相続した不動産の名義が変更されていなかったトラブル

不動産を相続するにあたって少なからず発生する可能性があるのが、不動産を相続した時に祖父の代から名義人が変更されていないケースです。

不動産登記を行う際は祖父の相続から整理していかなければならないため、孫が全てを明らかにして整理するのは非常に大変です。

手間と時間をかけないためにも、事前に不動産の名義人が親になっているか確認しておくのが得策でしょう。

まとめ

不動産の遺産相続トラブルは年々増加傾向にあり、様々な問題が発生しています。

いずれも事前に対策すればスムーズに解決できる可能性がありますが、話し合いが長引く可能性があるでしょう。

誰が不動産をどのくらい相続するのか、名義人は誰になっているか、遺言書はきちんと効力が発揮できる形式なのかなど、様々な確認を済ませておくのが得策です。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!