リースバックをする前にチェックしておきたいこと

今の持ち家をリースバックにすると、引っ越しをすることなく、まとまった金額が手に入る上に、固定資産税などを払わなくてよくなります。

一見「すごくお得」に見えるリースバックですが、リースバックで気をつけることなどを知らずに安易に契約すると、「思っていたのと違う」という事態にもなりかねません。

リースバックを利用する前に、どのような点を気をつけたらいいのかをみていきましょう。

契約内容を確認する

リースバックをするときは、「普通借家契約」と「定期借家契約」の2つの契約があります。この2つの契約の内容の違いを理解してから契約するようにしましょう。

普通借家契約とは、貸主から一方的に更新の拒否ができない契約です。正当な更新拒否の理由がない限り、賃貸借契約は自動的に更新されることになります。

つまり、正当な理由がない限り一方的に家を出て行ってくださいとは言われないのです。

しかし、定期借家契約の場合だと、一定の契約期間が終了したらその契約の更新はありません。引き続き同じ家に住み続けたい場合は再契約を結ぶ必要があります。

再契約ですのでもしかしたら家賃が上がるかもしれませんし、そもそも再契約ができないという可能性もあります。

家賃が毎月払える金額か確認する

リースバックをしたときの家賃は、およそ売却価格の10%前後が相場です。つまり、高く売却すると家賃も高くなり、安く売却すると家賃も安くなります。

その地域の家賃相場には影響されませんので、周りの物件の家賃と差が出ることもあります。

想定よりも家賃が高くなることも考えられますので、事前に家賃がいくらくらいになるのか、毎月払っていける額なのかを確認しておきましょう。

家賃が払えなくなると、もちろんその家から出て行かなければならなくなります。

買戻し価格を確認する

もしも、将来買い戻そうと考えているのであれば、契約をする前に買戻しができるかどうか、その価格はいくらくらいかを確認しておきましょう。

買戻し価格の基準ですが、売却価格より買戻し価格の方が高くなります。売買時の費用や、買戻しの費用、そして業者の利益なども価格に上乗せするからです。

買い戻す意思がある場合はリースバックの契約のときにそのことを伝えて、買戻しができるような契約をしておかないと、あとから言い出しても買戻しができないこともあるのでご注意ください。

これらのほかにも、リースバック業者がその物件を転売してオーナーが変わり家賃が引き上げられたり、倒産して物件を売却されるという可能性もあります。

リースバックをするときの業者選びは慎重に行い、今後必要な費用などをしっかり確認した上で契約を結びましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!