マイホームを手放す「任意売却」の要因と競売の違いについて

人生で誰もが手にしたいのが住んでいる実家ではなく、新たな住まいのマイホームです。

しかし、苦労して手に入れたはずのマイホームが任意売却しなければいけない事態に陥ってしまうこともあります。

任意売却と競売の違いについて解説しつつ、マイホームを任意売却するに至る要因について紹介していきます。

住宅ローンを利用してマイホームを購入

家の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

夢のマイホームを手い入れるために費用を一括支払いできればそれに越したことはありませんが、住宅ローンを利用するケースが多いことでしょう。

住宅ローンを組んでマイホームを購入する場合だと、わかりやすく言えば銀行などの金融機関から借金をするということです。

毎月債務を返済できれば問題ありませんが、これを怠ると任意売却という流れにつながってしまいます。

やむを得ず「任意売却」その要因とは

まず一般論として任意売却とは、住宅ローン契約者が金融機関から借りたお金が返済不能状態に陥り、金融機関の合意を得て家と土地を売却する方法のことです。

つまり、借金を返済できないことで任意売却に至るのです。

また、住宅ローンを返済できていたのに、仕事の解雇による収入源の喪失や急な多額の借金背負ったことなどにより返済不能に陥って任意売却に至る場合もあります。

任意売却と競売との違いについて

競売の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

任意売却は基本的に債権者と債務者が合意した上で行う手続きなのに対し、競売は裁判所が債務者の物件を差し押さえた上で強制的に売却する手続きなのです。

競売は債務者にとってほぼメリットがなく、任意売却よりも借金返済の足しにすらなりません。

まとめ

任意売却はせっかく手に入れたマイホームを手放す手続きなのです。

それよりひどいのが競売ということになります。

任意売却をしないためには、マイホームを手に入れたからといって、借金をしないように、住宅ローンの返済を滞りなく行うことが大事です。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!