シェアキッチンで飲食業に活性を!空き店舗利用や新事業など相乗効果に期待

シェアキッチンとは、厨房を複数の個人や団体で使い、飲食の提供や開発を行う形式の事を言います。

コロナ禍で苦境に立たされている飲食業ですが、新規出店に意欲的な起業家や、新規メニュー開発を目指す飲食業界などが共同で費用を出し合い、キッチンを共同で使う方法が、近年注目されています。

今回は、飲食業界で関心が高まりつつある、シェアキッチンの活用例についてご紹介して参ります。

・新規事業への足掛かり

新規事業を行うノウハウは持っているが、多額のコストを掛けて開業する前に、まず自分の力を試したいという方に、将来の開業への足掛かりとして、シェアキッチンを利用するという方法があります。

レストランやカフェなど、新規事業を行うには、大きな費用が掛かるのが頭の痛い問題です。賃貸なら賃貸料や敷金礼金などの他、厨房設備やイスやテーブル設備など、開業をするには1000万円程のコストが掛かると考えられています。

シェアハウスであれば、時間単位や日にち単位など、借りている分だけ費用を払えばいいので、気軽に始めやすく、売上状況によってはすぐに引き上げる事も可能で、状況に応じて身軽に動くことが可能なのがメリットです。

そのためまずは、自分の力を試したい、顧客の反応を見たいという方の第一歩として、有効な活用方法です。

・異なるジャンルが組むことで生まれる相乗効果

シェアキッチンを利用する同業者同士タッグを組んだら、どのような効果が見られるでしょうか。

ビジネスでは、どの世界であっても、情報収集は大切です。

シェアキッチンを利用する者同士が、それぞれの持っている情報を共有しながら、お互いの専門のジャンル同士を活かることが出来れば、相乗効果が生まれ、お互いジャンルの発展につながったり、新たなビジネスへとリンクする事もあるでしょう。

・空き店舗を利用したシェアキッチンで地域の活性化

シェアキッチンの利用は、店舗ごとの小さなコニュミティから、地域活性につながる事もあります。

コロナにより、飲食業を取り巻く環境を大きく変化しました。お店に行って出来立ての食事を頂くスタイルから、デリバリサービスを利用し、食事を配達してもらう、テイクアウトするなど、食事を店内ではなく、店外で取るスタイルへと変化してきました。

そのため、飲食業は大きな打撃を受け、閉店を余儀なくされ、空き店舗となっている個所も多いでしょう。

首都圏では、こうした空き店舗を利用したシェアキッチンが注目され。シェアキッチンの形も多様化しています。

埼玉県大宮市にあるシェアハウスには、あるコロナ禍と高齢を理由に閉店した空き店舗を利用し、曜日や時間で出店者が交代し、自作の飲食物や農作物など販売しています。

また多くの人が行きかう駅の中にシェアキッチン施設の創設を行い、新規飲食事業の立ち上げのキッカケを作り、地域社会への活性化へとつながっている例もあります。

上記のように、シェアキッチンに低コストで新規事業を始めることができ、話題になることで、飲食業ならびに地域の活性につながるよう、日々あらゆる取り組みがされています。

・まとめ

今回は、シェアキッチンのさまざまな活用例と、飲食業における効果についてご紹介して参りました。

今後もシェアキッチンは、空き店舗の利用や駅周辺で創設するなど、さまざまな形態と取ることで、飲食業に新しい事業が根付き地域の活性へとつながる事が期待されています。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!