コロナで盛況な事業とは?

コロナで経済的損失を受ける事業が多い一方で、盛況な事業も存在します。ここでは、そのようなコロナ禍でも順調に売り上げを伸ばしている事業をご紹介していきます。

現在、事業が苦しくて借金を抱えている方、不動産売却を考えなければいけないという方であれば、ぜひ、参考にしてみてください。

コロナで経済的損失を受けている事業が多数

日本のみならず、世界的に大きな影響を与えているのがコロナウイルスです。そのこともあって、多数の事業がコロナによって経済的損失を受けています。

飲食業界、旅行業界、娯楽施設、ショッピングモール、百貨店など、挙げればきりがありません。

それほど、コロナ禍で大きな被害を受けている事業が多いのです。コロナが長引けば、その分赤字額がどんどん増えていくことが予想されます。

その結果、それに耐えられず倒産してしまう会社も多いのです。

ですので、コロナで受け追い込まれている事業であれば、今後の見通しがかなり厳しいと言えます。

コロナ禍でも順調に売り上げを伸ばしている事業は?

コロナ禍にもかかわらず、順調に売り上げを伸ばしている事業もあります。

例えば、以下です。

・Uber Eatsなどのテイクアウト事業

・ネット通販事業

・消毒剤や除菌剤などの販売事業

・アクリル板販売事業

このような事業は、コロナ禍でも順調に利益を上げています。

Uber Eatsは自粛期間で外食できないこともあって、自宅に料理を運んでもらう人が多かったことで、大きく売り上げを伸ばしました。

また、ネット通販事業も自宅時間が増えた人がとても多くなったため、ネット通販サイトでショッピングをする機会が増え、売る上げを順調に伸ばしています。

そして、飛沫防止用のアクリル板の設置や定期的に消毒、除菌をする必要があるため、アクリル板販売事業、消毒剤や除菌剤を販売する事業が儲かっているのです。

これから期待できる事業とは?

コロナにより、さまざまな事業が大きなダメージを受けています。そんな中、新たなビジネスでコロナに立ち向かっていく事業も増えているのです。

テレワークに対応することができる「ワークスペース」や「レンタルオフィス」。これらは、コロナによって非常に需要が高まっています。アース製薬の『アレルブロック ウイルス・菌クリア』は、ウイルス、菌対策を徹底しているため、かなり安心できるワークスペースです。

このように、ワークスペース、レンタルオフィスなどは、テレワーカーやフリーランスに需要が高いため、今後期待できる事業になります。

新たなビジネスで起死回生を狙いたいという場合、考慮してみてはいかがでしょうか。

新たなビジネスを始めるのも手

コロナで今の事業を継続するのが苦しい場合、新たにビジネスを始めるのも手です。コロナで赤字額が増えれば、事業撤退、不動産の売却も考えなければならなくなります。

そこで、コロナでもしっかりと売り上げを伸ばせることが期待できる事業を展開し、利益を得られるようにしてください。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!