まとまった現金を手にしたいならリースバックという方法もあります

これからの人生の中で「まとまった現金が必要になった。自宅という不動産資産はあるけれども、現金は手元にない」という事態になることがあるかもしれません。

そんなときに「リースバック」という選択肢があるということを知っておきましょう。

自分には関係がないと思っている方も、自宅に住み続けながら家を売る方法を知っておくと、いざというときに役に立つかもしれません。

リースバックとは

リースバックとは、自宅に住み続けながらその家を売ることができる方法です。普通なら自宅を売却すると、ほかの場所に引っ越さなければいけません。

しかしリースバックは、家の所有権を不動産業者や投資家に売り、売却代金を受け取りますが、その後も賃貸契約をしてその家に住めるのです。

もちろん、賃貸料は毎月払わないといけませんが、引っ越しなどをせずにすみます。

リースバックのメリット

リースバックのメリットとして

  • 今の家に住みながら自宅を売却でき、売却代金が手に入る
  • 新しい家を探す必要も、引っ越しをする必要もない
  • 家を売却したことをご近所に知られない
  • 契約方法によっては家の買戻しも可能

などがあげられます。

家を売却し、まとまった現金が手に入るのは大きなメリットです。しかも、引っ越しをする手間もなく、家を売却したことはご近所にはわかりません。

もし買戻しを考えているのならば買戻し特約が付いたリースバック契約なら、家を買い戻すことも可能です。

リースバックのデメリット

もちろんメリットだけではありません。デメリットは以下の通りです。

  • 毎月の家賃を払わなければならない
  • 定期借家だと契約更新できない場合もある
  • 家の売却価格が安くなる恐れがある
  • リースバックが利用できない物件もある

家を売却すると、所有権は売却相手になります。売却した不動産を借りて住むという形になりますので、毎月家賃を払わないといけなくなるでしょう。

また契約時に借家の契約期間を決める定期借家だと、契約期間が終了して再契約するときに、契約をしてくれない場合もあります。そうなると家を出ていかなくてはいけません。

普通借家契約だと、このような心配がなくなりますので、あなたの家が普通借家契約ができるか調べてみましょう。

また、リースバックで家を売却すると、普通に売るよりも安い金額になってしまうかもしれません。

普通に売却するといくらになるかもチェックしておきましょう。

そして、そもそも不動産としての価値が低い家ならリースバックは利用できません。

まとめ

リースバックはメリットもあればデメリットもあります。まとまった現金が必要な場合、メリット、デメリットを比較したうえで検討してみましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!