遺産相続でお悩みの方 リースバックで平等な遺産相続を実現!

親が高齢になってくると、心配になるのが遺産相続ですよね。自宅を所有している場合は、誰が相続するかで揉めやすいというデメリットがあります。

そんな遺産相続でお悩みの方におすすめなのが、「リースバック」です。なぜ遺産相続でリースバックがおすすめなのか、詳しく解説していきましょう。

リースバックとは?

リースバックとは、自宅を売却した後もそのまま賃貸で自宅に住み続ける仕組みです。自宅を売却するのでまとまった現金が手に入ることと、そのまま自宅に住み続けられるので周囲に知られることが無いことがメリットですね。

あらかじめ自宅を現金化しておくことで、遺産相続の際に平等に遺産を分配することができます。

リースバックの利用者が急増している

間もなく団塊の世代が後期高齢者になる日本では、遺産相続に関するトラブルが急増しています。中には、残された住宅の相続が相続人に重くのしかかっているケースも。大切な家族に迷惑をかけたくない、でも自宅からは離れたくないと考えている方に最適なのが、リースバックです。

また、新型コロナウイルスの影響で収入が落ち込んでしまっている方も、リースバックを利用することで資金難を逃れることができます。このように、日本では今後ますますリースバックへの関心が高まっていくことが予想されています。

リースバックの3つのメリット

リースバックには、以下の3つのメリットがあります。
・支出を定額化できる
・災害時のリスクが無くなる
・現金化のスピードが速い

住宅を所有していると、毎月のローンは定額でも固定資産税や修繕費用が発生してしまいます。しかし、リースバックを利用すると、賃貸契約になるので支出は毎月の家賃のみとなります。支出が定額化できるので、生活費の計算がしやすくなるでしょう。

また、日本は地震大国で災害が多いことは有名です。そんな日本で住宅を所有すると、災害による倒壊や損壊の危険性があります。リースバックでは、万が一住宅に損壊が発生しても修繕費用がかかりません。長く住宅に住むと修繕費用も増えてきますが、リースバックなら費用をかけずに安心して住宅に住み続けられます。

さらに、リースバックは現金化に時間がかからないことも利用者にとってメリットですね。通常、住宅の売却には買い手を探すところから始まります。しかし、リースバックではリースバック運営会社が買い手に決まっているため時間をかけずに現金化できます。

修繕費用がかからずに住居費が定額になり、短期間で住宅を売却できるのがリースバックです。

リースバックで素早く住宅を売却しよう

リースバックは、住み慣れた住宅から離れることなく住宅を売却できる便利なサービスです。遺産相続で悩みの種になりやすい住宅をあらかじめ売却して現金化しておくことで、残された家族に平等に遺産が分配できます。

現金化までの時間も通常の住宅売却と比べて短時間で済むので、急な収入減でお困りの方も利用しやすいでしょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!