【資金繰りで悩まない】事業資金枯渇を防ぐポイントとは?

会社を経営していると、事業資金が足りなくなってしまうケースがあります。そんな事業資金が枯渇した状態が続くと、やがてその会社は倒産してしまうでしょう。

大切な会社を倒産させないために、今回は事業資金の枯渇を防ぐ3つのポイントについて紹介していきます。

事業資金の枯渇を防ぐ3つのポイント

事業資金の枯渇を防ぐためには、以下の3つのポイントが重要です。
・固定費の削減
・在庫の見直し
・債権債務のリスケジュール

会社を営んでいれば、人件費や設備を維持するための固定費が発生します。この固定費が売上よりも多くなってしまうと、赤字が増えて事業資金が枯渇してきてしまうように。

無駄な固定費が無いか見直して、少しでも事業資金を増やす努力をしてみてください。

また、在庫の中には、長年眠っている不良在庫や過剰に作り過ぎた過剰在庫などが含まれていることもあるでしょう。この過剰在庫や不良在庫の割合が多くなると、次の仕入れに使える資金がどんどん少なくなってしまいます。

社内の在庫を定期的に見直して、事業資金を適切に保有しましょう。

売上債権と買入債務の見直しも外せません。売上債権を回収する前に買入債務の返済の期日が来てしまうと、事業資金枯渇の原因となってしまうからです。債権債務のリスケジュールは社内だけではできないので、取引先と慎重に交渉を進めてみてください。

売上債権の回収をより早く、買入債務の返済をできるだけ延ばせれば、事業資金が枯渇するリスクが下がります。

経常運転資金を把握していますか?

経常運転資金とは、会社が事業を営むために必要な資金のことです。この経常運転資金を把握していないと、いくら手元にあれば事業資金が枯渇しないのかの判断ができません。

経常運転資金は、以下の式で求められます。

経常運転資金=売上債権+棚卸資産―買入債務

この式で求められた金額を常に手元に残しておけば、事業資金枯渇のリスクは大幅に下げられるでしょう。

スムーズに資金が流れるようなフローを心がけてください。

事業資金枯渇にならないために

事業資金の枯渇を防ぐためには、まずは実際の経常運転資金を計算してみましょう。経常運転資金が足りない場合は、固定費の削減、在庫の見直し、債権債務のリスケジュールを実践して経常運転資金の確保をしてみてください。

経常運転資金が常に確保されている状態が、一番理想の経営状態です。 事業資金が枯渇してしまうと、会社が倒産するリスクが高くなってしまいます。

大切な家族や社員を守るためにも、事業資金の枯渇にはくれぐれも注意しましょう。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!