任意売却のメリット 住宅ローンの返済に困ったら賢く自宅を売却しよう!

急に収入が減ってしまって住宅ローンの返済に困っていませんか?そんな住宅ローンの返済でお困りの方には、「任意売却」がおすすめです。

本記事では、そんな任意売却のメリットを中心に紹介していきます。

任意売却とは?

任意売却は、住宅ローンの融資を受けた金融機関との相談の上、ローンの返済が滞った住宅の差し押さえ等を解除して売りに出す仕組みです。

通常では住宅ローンが残っている住宅は売却できないのですが、任意売却を利用すれば住宅ローンが残ったままでも住宅を売却し、負債を軽減することができます。

任意売却の3つのメリット

任意売却を行うと、以下のようなメリットがあります。
・諸経費を売却益から支払える
・競売よりも高い金額で売却しやすい
・ローンの残債を分割で支払える

任意売却には、仲介手数料等の経費がかかります。しかし、任意売却の場合は、この諸経費を売却益から差し引くことが可能です。自分のお金を持ち出さずに住宅を売却できるのは、支払いに困っている方に大きなメリットと言えます。

また、短期で売買を行う競売と違い、任意売却は通常の不動産と同様の告知を行って売却を行います。そのため、競売よりも広く売却情報を知ってもらえる機会が増えるので、競売よりも高い金額で売却しやすくなります。

最後に、競売と異なり、売却後に残った負債を分割で支払えるのが任意売却の特徴です。競売で住宅を売却すると、残った負債は一括で支払いしなければいけません。しかし、任意売却後に残った負債には、分割での支払いが認められます。 収入の減少や急に収入の見込みが無くなって住宅ローンの返済に困っている方には、上記のメリットから任意売却がおすすめです。

任意売却を使うべき3つのケース

任意売却は、以下のような方におすすめの住宅売却方法です。
・物件の差し押さえが入ってしまった
・急激に収入が減少して住宅ローンの返済が滞っている
・プライバシーを守りつつ自宅を売却したい

競売の場合は、インターネット等に競売情報が記載されてしまうので、プライバシーを守れなくなってしまいます。悪質な不動産業者の中には、実際に自宅に来て周囲に聞き込みをする事例もありました。

任意売却では、通常の住宅と同様の告知をするので個人が特定される心配がありません。周囲にバレることなく自宅を売却できるのが、任意売却です。

任意売却で負債を軽減してみよう!

ここまで、任意売却のメリットや使うべきケースを紹介しました。住宅ローンの返済でお困りの方は、ぜひとも任意売却を検討してみてください。プライバシーを守りつつ、競売よりも高値で住宅を売却できるチャンスです。

家に住みながらマイホームを現金化

そのまま家に住みつづけながら現金を得ることができる「リースバック」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!